アロマとメンタルカウンセリングで心と身体、思考までトータルで整えます

大手ビール会社で化学分析を仕事にしてきた元理系、アロマメンタルセラピスト。カウンセリング実績180回以上。アロマトリートメントから身体を整え、心に寄り添ったカウンセリングで不要なマイナス感情を解放し、大切な価値観を見出し前向きな思考と行動へ変わっていけるサポートをしています

掃除や防カビ、菌を抑制したいときは、ティートリーを!

f:id:aromaglass:20170926104933j:image

 

こんにちは!

 

 

今日も朝からせっせとゴミ出しと大掃除です!

 

 

昨日書けなかった、

カビ対策も兼ねてのお掃除アロマをご紹介しますね(^ ^)

 

 

私が使ったのは、

「ティートリー」

 

 

お掃除するときに、あまり甘くて重たい香りは空気がどんよりしてしまうので

私は好みません。

 

 

スッキリ爽やかな香りを好むことから、

ペパーミントは前にも書きましたが、ハーブ系や柑橘系のさっぱりと香りが飛びやすいアロマを選んでいます。

 

 

 

特に、あまり空気の入れ替えがされにくい、

タンスの裏や衣装ケースの間や奥、

クローゼット内の奥のほうが気になっていました。

 

少し香りがたつと気分も上がるので、

アロマの力を借りようと思ったら、

やっぱりティートリー!

 

 

ティートリーは、

菌を抑えるような化学成分が含まれているのです。

 

 

これは、アロマ環境協会でも研究結果として出されていますが、

防カビ、制菌、抗菌などの作用に優れたアロマの中にもティートリーが入っている!!

 

 

 

どれだけ防カビ、制菌作用を発揮するのかを菌が入った中にアロマを垂らして実験しています。

引用元http://www.aromakankyo.or.jp/basics/literature/new/vol7.php

 

 

菌を調べるような化学分析も行ってきた経験から、

シャーレとか菌を培養させるとか見ると懐かしい。笑

 

 

それは関係ないのでひとまずおいて、

シャーレの写真なんか分かりやすいなぁと思うくらい、綺麗に菌が繁殖してないという。

 

こういう結果は嬉しい!

 

 

日常に使うときに結果を知っているとより使いやすい♪

 

 

 

実際にタンスや衣装ケースをみると、

すこーしカビかな?という汚れが付いていたので、

水を含ませた雑巾にティートリーを1滴垂らして水拭きしました。

 

そのあと、乾拭きしてスッキリ〜♪

 

 

アロマは揮発しやすいので香りはそこまでこもりませんが、

香りに慣れていなかったりすると、

香り酔いしてしまうこともあるので1.2滴の少量から使っていくことをオススメします(^ ^)

 

 

お風呂にもトイレにも使えるな〜けど、

こればっかりだと香りに飽きるな〜と思うわたし。

 

 

ティートリーと柑橘系、

例えばレモンも一緒にブレンドして、

今日はお風呂掃除に励みたいと思います!

 

 

 

今日もご訪問くださり、

最後までご覧いただきありがとうございました!