アロマとメンタルカウンセリングで心と身体、思考まで整える、前向き自分リセット。あなたを理想の未来に導きます

大手ビール会社で化学分析を仕事にしてきた元理系、アロマメンタルセラピスト。カウンセリング実績180回以上。アロマトリートメントから身体を整え、心に寄り添ったカウンセリングで不要な感情を手放し、大切な価値観を見出して前向きな思考と行動へ移せるサポートをしています。

人との境界線を意識して作る、持つための5種類のアロマ

f:id:aromaglass:20170817085342j:plain

こんにちは!

 

 

昨日お越しくださったアロマヒーリングセッションのお客様。

人間関係でお悩みでした。

人間関係においてけっこう大事だなと思った内容だったので、了承を得てこちらにシェアさせていただこうと思います。

 

 

 

お仕事に関しての人間関係、

友人との人間関係においての境界線のお話が今回のテーマとなりました。

 

 

境界線っていっても目に見えないので、

あ、いま入ってきたとか、今相手の境界線入っちゃった?とかは、

意識していないと分からないモノ。

 

 

自分の領域って誰しも持っていて、そこに入られると反応します。感情が動きます。

 

 

 

それが今回のお客様の潜在意識からの声がありました。

 

 

仕事の人間関係で、

自分の領域にいきなり入られて、振り回されて疲れてしまった。

 

聞いていないのに、いきなりアドバイスをされたとの事。

 

 

 

本当は、嫌だったけど何も言えなかった。

どう対応していいか分からなかった。

私の思いがあってお仕事しているのに、いきなり相手の意見をぶつけられた。

 

 

お客様にとって、それが負担になってしまって精神的に疲れてしまった出来事でした。

 

 

 

相手からいきなり領域に入られることは、日常でけっこう意識するとあります。

 

例えば、お店の店員さん。

 

 

ただ見ていただけなのに、

「これは今売れていて、この生地は何で、すごい着心地いいんです」といきなり営業の勢い満々で話かけてくる。 

ゆっくり観たいのに~って思ってしまうこと。

そんな経験ありませんか?

 

 

こちらの意図は聞かずに「買って~買って~」といわんばかりに話しかけてきます。

これが、領域に入ってくるということ。

 

 

お客様の場合は、

聞いていないのに、アドバイスされたとありました。

”相手からアドバイスされた”とありましたが、

これがお客様にとっては、”アドバイス”ではなかった。

 

ただ”意見を押し付けられた”から、苦しかったんですよね。

 

さっきの店員さんの例は、まさに。

苦しくなって、店でちゃうとか。

でもこれが無意識でやっている防衛反応。

 

そこにいると、ずっと話かけられるから、苦しいのです。

自分を守る行動なのです。

 

 

これってけっこう良くあると私は思っています。

 

良く聞く側になって悩みを聞くことが多いという友人がいるのですが、

その友人は、聞いたときにアドバイスとして色々と意見をしていました。

 

結局、アドバイスしたのに相手は何も変わっていなくてヤキモキする!疲れてしまう。と言っていたのが印象的でした。

 

 

これって、境界線が関係しているなと感じました。

 

 

友人は、相手のために、アドバイスした。

けれど、相手はアドバイスは求めていなかった。

 

 

 

アドバイスって、相手に押し付けるモノではないと私は思うのです。

 

こんな案があるよ、と伝えるのがアドバイスであって、

決めるのは本人。選択する権限は、本人にある。

 

アドバイス通りにしてほしい、ということになってしまうのは違うと常日頃思っています。

 

それは押し付けになってしまうから、相手が悩んでいるのにさらに追い込む形になる。

 

 

アドバイスする側は何とでもいえます。

相手から「アドバイス通りやって、違ったじゃないか!」って言われても、責任取れないですよね。

それを自分が理解しているかどうかで、人間関係をより良くしていくポイントではないかと思っています。

 

 

相手のためと言っているけど、押し付けるのはそれは自分のため。

自分が納得したいからとか、自分がスッキリするから。

それって相手のためじゃない。

 

本人が選択して決めていくことが、一番納得いく形なのではないかな。

 

そんな風に私は考えています。

 

 

お客様は、領域に入られると嫌という感情をしっかり受け止めていらっしゃったのが印象的でした。

今まで、意識したことなかったから、

なるほどなって思ったとおっしゃっていました。

 

 

お客様にとって、今回のテーマは人との境界線を知ることがまず必要だった。

苦しかった自分の本当の気持ち、声に気づく必要があったのですね。

 

知った今、

もしまた同じようなことが起きて一方的な意見があったときに、避けられるようにかわす術をこれから身につけていけば良いのではないでしょうか。

 

 

意見通りやらなければいけないときもあると思いますが、

『やるかやらないかを選択できる』ということを知るということも、今回のポイントだったようにも感じました。

思い込みにも繋がる部分。

 

 

お客様の今回のテーマから見えてきたのは、自分の境界線を意識して作る、持つこと。

今回はそのためのアロマを嗅覚で選んでいただきました。

 

 

選ばれたアロマは5種類。

ジャスミン

サンダルウッド(インド産)、

ローズゼラニウム

ユーカリシトリオドラ、

ユーカリラディアータ。

 

 

自分の大事にしている価値観を思い出し、いらない思考や出来事を手放していく。

以前優先順位の記事に書いたユーカリシトリオドラは、今優先すべきことを促してくれる役目も。

手放した先は、自分らしく振舞える。自分の意見を出してコミュニケーションしていけるような、

お客様を導いてくれるような5種類のアロマでした。

 

  

お客様が自分の気持ちに正直に、

お仕事に集中しながら自分の意見も出していける、お客様の良さが人間関係において発揮できるよう、

影ながら応援しております。

 

 

 

境界線を知っておくと、反応できる自分になれる。

境界線に入られると嫌、苦しいという自分の正直な気持ちをまずは受け止めてあげるところからはじめませんか?

 

 

セッションではなぜ悩んでいるかを紐解いていくので

これからどうしていきたいか、それを探っていけますよ。

 

 

セッションにご興味ある方は、

よろしければこちらをご覧くださいませ。

aromaglass.hatenablog.jp

 

お申込みはこちらからどうぞ

☆アロマヒーリングセッション☆

 

 

 

ただいまメルマガ登録募集中!

メルマガにご登録いただいている方に特化した情報、

日常に使えるアロマ、人間関係やパートナーシップについてのエッセンス、月のメッセージなどを盛り込んだ無料メルマガをお届けしています。      

 

よろしければどうぞ! こちらからご登録できます

メルマガお申込みフォーム