アロマとメンタルカウンセリングで心と身体、思考まで整える、前向き自分リセット。あなたを理想の未来に導きます

大手ビール会社で化学分析を仕事にしてきた元理系、アロマメンタルセラピスト。カウンセリング実績180回以上。アロマトリートメントから身体を整え、心に寄り添ったカウンセリングで不要な感情を手放し、大切な価値観を見出して前向きな思考と行動へ移せるサポートをしています。

身体がだるくてやる気が起きず、眠気が襲ってきた日に選んだアロマ

f:id:aromaglass:20170813151631j:plain

こんにちは!

 

 

 

先日の午後、

特にやたらと眠気に襲われて、眠気と戦いながらカフェで本を読んでいました。

眠気がやってくること、最近はあまりなかったのでちょっとびっくり。

 

女性ホルモンの関係かなとも思いつつ、

夕方帰宅したら、

今度は身体がダル重くて、家事のやる気も起きない。

 

 

今日は何だったんだろうな~と思いながら、思考も眠気で停止している状態の中

今の状態に合うアロマって何だろう?と思い

アロマを選びました。

 

 

思考停止状態だったので、

これは本能にしたがっていくしかないと

何も考えずにとにかく1本づつ嗅いでいきました。

 

選ばれたアロマは2種類。

 

 

まず最初に選ばれたアロマは、ヒノキ。

ヒノキが1番嗅覚にヒット。

 

もう1つ、

ヒットってわけではないけどなんか気になると思って選んだ香りは、

フランキンセンス

 

 

この日は全体的に香りの感じ方が弱かった。

体調に関係しているな~と思いながら嗅いでいました。

 

 

どちらも、スピリチュアル的な要素も持っている独特な香りの精油

 

 

ヒノキは、

自分の軸をスッと通して栄養を与えてくれるような循環の役目だったりします。

 

無理にではなく、ゆっくりと落ち着かせて心身のベースを上げて整えて、ゆっくりと静かに深くリラックス状態にしてくれる。

香りを嗅いだとき、少しづつ鼻から身体の芯へと入ってきた香りの感覚は、

まさにピッタリでした。

 

 

フランキンセンスは、

香りがあまり嗅いだ時に入ってこなかったけど、最後にほのかに甘味が入ってきた。とこが感覚的に気になって選びました。

 

フランキンセンスは、神秘的な香り。

歴史的にみても儀式に使われていた香りで、自分を外の境界線から守りたいときに使ったりもしています。

肝の気を巡らせてストレスを軽減したり、

心の身体と魂の一体化を担う役割になってくれたりします。

 

 

私が感覚で選んだ2つの精油は、まさに直感に関係してくるものでしたね(;^_^A

今必要だったということは、

自分のエネルギーをまずは修正して整えておく必要があったのかな。

 

 

ヒノキとフランキンセンスの香り成分的にみると、

どちらもα-ピネンという物質が含まれていた精油だったので

森林浴ようなリラックスと血を巡らせる活性化が私には必要だったんだと感じました。

 

 

促してくれた2つのアロマを選んだ夜はぐっすりと質の良い睡眠が取れて

翌日、

眠気も起きずに朝から家事もスムーズ。

 

 

お仕事のセッションが入っていましたが、

自分が整っていた状態でセッションすることが出来ました。

 

 

 

 

ただいまメルマガ登録募集中。

 

メルマガにご登録いただいている方に特化した情報、

日常に使えるアロマ、人間関係やパートナーシップについてのエッセンス、月のメッセージなどを盛り込んだ無料メルマガをお届けしています。      

 

よろしければどうぞ! こちらからご登録できます。

 

メルマガお申込みフォーム