Healing Salon Aromaglass

元大手ビール会社で成分分析を仕事にしてきた理系アロマカウンセラー。カウンセリング実績171回以上。パートナーや子供の声に耳を傾ける大切さをお伝えしています

ミルラは神聖で神秘的な香り

f:id:aromaglass:20170727210625j:image

 

こんにちは!

 

6月末に行ってきた皇居奉仕活動。

今回で3回目となりましたが、やはり皇居の中のエネルギーは外とのエネルギーの違いを感じました。

 

外界との境、そんな感覚を私は毎度感じています。

 

 

大きな自然にとにかく溢れています!

 

 

そんな大きな自然の香りが、皇居の中に入ったときにスッと香ってきて

そこを歩いていると自分が纏うエネルギーから心まで全て洗われていく。 

 

気持ちよすぎるんですよね、とにかく。

これこそ、まさにヒーリング。

 

 

 

歩きながら、気持ちよい~って木々を眺めながら歩いていました。木々から入ってくる太陽光が、自分を照らしてくれているような感覚。

光を浴びてスッキリした自分でその光に包み込まれる。

 

ずっと木々を見ていたいと思ってしまうくらい、見惚れてしまっていました。

 

 

自然そのもの。

自然の循環を感じる。
 

 

土からの栄養で育った木々達、役割、

虫達が運ぶ役割、

それぞれが共に生きていることを感じさせられる場所です。

 

 

そんな皇居の香りは、アロマでいうとミルラ。

 

 

私にとってミルラは、皇居そのものを表している。

神秘的で壮大な香り。

 

 

 

ミルラは、古来から使われているもので

神聖なものとして扱われていました。

 

 キリストが生まれたときに捧げられたともいわれています。

 

 

 

香りは、香りの成分が嗅覚から直接脳へ繋がるもので、

記憶と結びついている事があります。

 

脳の海馬という部分へ働きかけるそう。プルースト効果とも言われています。

 

 

なんか昔嗅いだ事あるなぁとか、

懐かしい感じがするとか、

香りから記憶を自然と辿っていることってけっこうありませんか?

 

 

それはまさに、脳へ働きかけているという事ですね!

 

 私の場合は、その記憶の部分でミルラを嗅ぐと皇居を思い出させる香りでした。

 

 

嗅覚から身体へと香りが深く入ってきて、

皇居のエネルギーを思い出して心が洗われる感覚を思い出す。

あの光を浴びる感覚。

 

惹きつけられる香りです!

 

 

あの感覚を日常でも感じたいときには、ミルラを嗅ごうと思いました♪