アロマとメンタルカウンセリングであなたの心と身体、思考までを整えます

大手ビール会社で成分分析を仕事にしてきた元理系アロマメンタルセラピスト。カウンセリング実績176回以上。心に寄り添うカウンセリングでマイナス感情を解放し、アロマと共に身体へ繋がる心と思考を整え、未来への希望を見出します

アロマヒーリングセッション~父親へのゆるし〜

f:id:aromaglass:20170424113443j:image

 

こんにちは!

 

 

週末はアロマヒーリングセッションでした。

セッションを受けて下さったお客様に、ブログへセッション内容を載せて良いか確認させて頂いたところ、とても優しい方で快く快諾していただいたので、

お客様のプライベートな部分はお載せ出来ませんが選ばれたアロマと少し私の体験も絡めてこちらへシェアさせていただきます

 

 

 

お客様のテーマは「父親」。

 

 

 

私自身も父親がテーマとなったときが度々あります。

 

 

よく癒しの過程で「両親」は切っても切れない強い繋がりがあり、その両親への「ゆるし」というキーワードが出てきます。私のテーマのときは、父親への恨みとか憎しみといった「妬み」が絡んでいた内容でした。そのとき父親に対する気持ちが湧き出て、それをなぜか受け止めなければならないという時期だったのでとても辛い時期を過ごしたことを今思い出します。

 

 

癒しを求めていくと、必ずと言って良いほど「両親」について通らざるを得ないくらいに私たちは親との関わりや環境が自分の概念や思考を作り出しているのですよね。

 

 

私自身もヒーリングの世界に入るまでは、こんなに両親に対して色んな思いや複雑さが出るとは思っていなかったから、最初はとても戸惑いました。 

心理学を勉強するかしないかくらいのタイミングのときに、私が初めて両親と向き合う時を迎えました。

 

 

それも、こうしてヒーリングの世界を目指す自分だったからこそ、通る道だったんだなと今となって分かりました。

 

 

 

初めて向き合ったのは父親じゃなくて母親。

母親に対して今までの自分がどう傷ついてきたかとか、傷ついた悲しみ、そしてそこからの怒りが一気に押し寄せて来て、母親にどう接していいか分からずに連絡を取ることすら避けていた時期もありました。

 

話をしていても楽しくないし、過干渉過ぎるんだよ〜と一方的に私が思っていたんです。

 

 

母親についてのゆるしは、また長くなるので別に改めて書きますね。今回は父親がテーマなので。

 

 

 

 

私は別に父親から暴力を受けたとかそういうのはないですが、言葉を一語一句忘れなかったくらい鮮明に父親への怒りを覚えていたり、私に対する態度や家族に対する態度が今の時代だといわゆる?パワーハラスメント?に繋がると思えるような態度をとられたと私は感じてきていたので、

父親が私や家族へ向ける態度自体が私はとても嫌でした。今も変わらず。

 

未だにそれはまだ許せないと思っています。

 

 

まだ父親に対してゆるしの段階がまだまだあるんですね〜と書いていて嫌になります。(>_<)

これが妬みとかに繋がっているんだな〜と自分のセッションで感じました。

 

 

セッションを通して初めて父親が偉いというそんな環境だったんだな、と気づくきっかけにもなりました。

 

それまでは、今まで育ってきた家族の形や環境が当たり前過ぎな事だったし、それ自体に何の疑問も持たなかった。そして、テーマとなったときに何より私自身がそれを認める事が出来なかったんだと思いました。今までの環境は何だったんだ?と戸惑いから、認める、受け止めるのが怖かったのかもしれません。父親を否定してしまう気がして。

 

 

フラワーエッセンスのセッションを受けだして間もないころ、最初のテーマがまさに両親、特に父親でした。

このときは、メインが旦那さんとの関係がテーマだったのですが父との思い出から男女間の関係性などの思考形成が出来てきていったので、父の癒しをしていく必要があると出ました。

 

 

 

父親が自分とやり方を比べてきて、父のやり方は好きでしたが結果的に嫌な気持ちになった。

 

 

 

それが私の思考中で、比べられたことが旦那と張り合っていることに繋がっていき、今この思考形成を変えていかないと将来父親との関係性になってしまうと言われました。

潜在意識で私の思考が勝手に比べる=張り合うとなって、結果嫌になるという図式になっているので、将来旦那さんのことを嫌になってしまう可能性があると解釈しました。

 

自分は旦那さんに相応しくないと思っていたんです。

それもすべて父親と関係していました。

 

 

私は旦那さんのことが大好きで旦那さんのことをすごいなとか尊敬している部分がたくさんあって、自分を下げてみていたので、こんな自分と一緒に居てくれる旦那さんを大事にしなきゃと思っていました。本当はそうではないのに。

旦那さんは純粋に私と一緒に居ることを選択している、それを受け止められずにいました。

 

 

このとき、自分の中の父親像を掘り下げていったときに「許せない」とはっきり言っていました。そしてその後に涙を流していました。セラピストさんから、許せないくらいに大好きだったのですよと言われて号泣しました。そしてそこから父親への許しがスタートしたんだと思います。

 

 

父親が稼いでいるから偉い、とか誰がこの家を買ったんだとか、誰がこのテレビ買ったと思ってる?と言われて何も言えなかった。それを言って何になるんだろうと子供ながらに感じていました。

稼ぐのが偉いという既成概念が作られていった。だから、例えば旦那さんのお給料よりも稼ぐとか、数字にこだわってしまったり「稼ぐこと=働くこと」に無意識レベルで執着していたのかもしれません。

 

 

父親ががっつりテーマという訳ではなく、別テーマだけど根本は両親と関係していることが多いです。私が癒しについて考えるという事がテーマだったときにも、父親への妬みが関係しているというサブ的な感じで父親が出て来ました。またか!みたいな。。

 

癒しって何?とセッション中質問されて、ちょうどセッション前日に私が好きな「インビクタス」という映画を観ていて、ゆるしのセリフがあるのですがそのセリフを聞いてなぜかその時父親を思い浮かべて泣いたという話をセッション中にしたんです。

それが癒しの奥深いところで父親というテーマと繋がっていました。

 

 

私が父親に対してもっと癒していく必要があるんだ、ついに来たなと思ったセッションでした。

 

 

でも、次回のセッションでさらに深く父親に繋がるテーマで進むんだろうなと覚悟していったところ、それはもう解決されたようだという事でヒーリングについてのテーマとなっていきました。ちょっと良かったと思ってしまいましたが(;^_^A

 

 

なので私自身まだまだ、まだまだ!笑

父親について向き合うタイミングが何度か訪れるんだなと思って身構えています。

 

 

 

本当は父親にありのままの姿の私を受け止めて欲しい、

それが私の本音なんだと今は思っています。

 

 

父親の意見がなぜか通って私の意見は跳ね除けられて来たと私は思っているので、

そうではなくて私の気持ちを理解して欲しかった、ちゃんと聴いて欲しかったんだと思いました。書いていて涙が出てくるということは、きっと魂も望んでいた事だったのかな?答え合わせの涙かな。

 

 

 

 

今回お客様のセッションは、お父様に対して向き合う時期なのではないかというお話から始まりました。

 

お父様との思い出の話をお聴きしていくうち、だんだんお父様に対しての本音がポロポロと出て来ました。

今までは抑えて居たのではないかと私は感じました。

 

 

言えない環境だったんですね。

 

 

言えない環境に自分を置く事で、傷つかないように自分を守ってきた。

それは私自身がまさに!お客様と同じでした。

 

 

自然と自分を守る術を身につけていくんですよね、それが概念、潜在意識になっていく。

 

 

 

言いたかった、自分の気持ちを受け止めて欲しかったという事が今回のセッションで行き着いた気づき。

 

 

この「自分の気持ちを受け止めて欲しい」事柄は、お父様ではなく職場や出逢う方々に対して、全員ではないですが、無意識レベルで発生しておりました。

 

 

他人の評価が気になるというお話も出てきましたが、これもお父様から評価して欲しい気持ちを抱えておられたので、それが外へ向かっていっていたことにも繋がっていました。

 

 

私の事なんてわかってないくせに!

私の事見てない!

親を喜ばせよう!

 

 

私と共通してこんな思いがおありでした。これってなぜか分からないけど魂の叫びのように私は受け取りました。ずっと自分の心が叫び続けてきたこと。

 

 

私もお客様と同じで、まさに父親への要客が外へと向いている人間でした。私の場合は母親に対しても強いので、比べられるとか評価されることに対しては敏感になっていました。勝手に比べられて私はこうだ!と言われて傷ついていた過去がある。

 

 

お客様の気持ちが本当に身に染みてきます。私自身も両親へは色んな思い、癒しを必要としているから。

このブログを読まれているあなたも、もしかしたらご両親への癒しについて何か考えるタイミングなのかもしれませんね。

 

 

両親の存在の大きさに、私自身も今回のセッションでまた改めて感じさせられると共に自分自身も両親への思いと向き合う時なんだな〜と感じさせて頂きました。

 

 

そんなお客様へのアロマは4種類。

レモン、ローズゼラニウム、ローズウッド、メリッサでした!

 

 

レモンがとても気になるとおっしゃっていました!レモンは思考をクリアしたいという表れ。手放しに繋がってくるんだと思いました。

 

 

☆レモン

思考をクリアして手放していく

 

 

 

 

 

ローズゼラニウム

心と身体と魂、全体のバランスを整えていく

 

 

 

 

 

 

☆ローズウッド

過去の傷やトラウマを癒して包み込む

 

 

 

 

 

☆メリッサ

鬱々とした気持ちから明るい未来への希望を魅せる

 

 

 

 

このようなアロマでオーラスプレーを作成させて頂きました。

 

参考までに質が良くてリーズナブルの精油のリンクを張っておきました。

なぜか写真がまたラベンダーとかなっていますが、実際サイトに行くとラベンダーではなく表記したレモン、ローズゼラニウム、ローズウッドの精油が買えるようです。

 

ローズゼラニウムは扱っている会社が少ないので、こちらのサイトがおすすめです。

 

 

 

実際スプレーの香りを嗅ぐとレモンやメリッサ(レモンバーム)が最初に強く香ってスッキリ爽やかな中に全身包まれるような甘みがある明るい香りでした。

今はレモンやメリッサよりもローズゼラニウムの方を感じ取っておられるそうなので、同じスプレーを使っていても感じ取る香りが変化されていらっしゃることから、お気持ちも変化しているのだなと私は思います。

 

自分が整っていったり変化していくと、感じ取る嗅覚も変わっていきますから。

 

 

また1ヶ月後の変化が楽しみです!

セッションにお越しくださり、そしてブログへ快諾くださって本当にありがとうございました。

 

 

焦らず時間をかけながらゆっくりベストなタイミングで癒していくサポートとして、このアロマヒーリングセッションが存在していたら幸いです。

 

 

 

長々となりましたが

最後までお読みくださりありがとうございました。

 

 

アロマヒーリングセッションの詳細はこちらです

aromaglass.hatenablog.jp